物件のお部屋だけでなく、郵便受けなど、共用部分もチェックする

集合郵便受けをチェック

賃貸物件の内見をする際には共用部分も欠かさず見ておきましょう。一つは集合郵便受けに目を向けることですが、ここに住人の質が表れていることがあるのです。例えば、ポスティングされたチラシが無造作に捨てられていることがあります。不要なチラシとは言え、共用部分に平気でポイ捨てをする人がいるわけですので、住人の質が少し気になるところですよね。また、捨てられたチラシが長く放置されているようなら、管理の手が行き届いていない可能性も考えられるでしょう。集合郵便受けから得られる情報として、空室がどの程度あるのかも分かります。空室のところには養生テープが貼られていることがありますが、そうした部屋が多いということは、何かしらの理由があり不人気な物件なのかもしれません。

ゴミ捨て場や自転車置き場も要チェック

共用部分と言えば、ゴミ捨て場も目を通しておきたいところです。ゴミを出す際は通常、曜日を守ったり指定の袋に入れて捨てたりしますが、中にはマナーの悪い人もいます。曜日違いで好き放題にゴミを出している、指定袋を使わなかったことで「収集できません」というシールが貼られたゴミがあるなど、マナーの良くない人がいるとこういったゴミの存在を確認できることがあるのです。駐輪場も大事なポイント。一台一台がきちんと整理され停められている物件もあれば、乱雑な状態になっている物件もあります。両者を比較してみると、前者の方が質の良い住人がいると判断しやすいですよね。一方、後者の場合は不安を感じやすいものですし、実際に自分が自転車を置いた時にも不快な思いをする可能性が考えられます。