譲れない条件に優先順位をつけて、確認する

賃貸に引越をすることが決まったら

もしも賃貸に引越をすることが決まったならば、早めに物件を探しましょう。特に、3月の引越シーズンに探す場合には注意が必要です。引越の繁忙期ですから、なかなか物件が見つからない可能性があります。まずは、譲れない条件に優先順位をつけて、さまざまな物件を比較することが大切です。最も重要な条件として、賃貸の家賃が挙げられています。生活費を圧迫しないように、収入の3分の1以内に抑えた家賃が理想的です。ほかに、物件の間取りも大事な条件ですから、1DKや2Kなど、自分の希望を明確にしておきましょう。ほかに、最寄り駅からの距離や周辺環境についてこだわることもポイントです。なぜなら、最寄り駅から遠いと通勤が不便になるからです。また、物件の周辺にコンビニなどの商業施設がそろっていれば、利便性の高い賃貸ライフを送れます。

積極的に内見を申し込もう

いくつかの物件をリストアップしたら、不動産会社に連絡を入れて内見を申し込みましょう。実際に物件を見ることによって、転居した後の満足度が高くなります。内見をする場合には、窓やドアの鍵について点検することがコツです。脆弱な鍵がついていると、防犯面において不安が残るからです。また、セキュリティ対策について確認することも忘れないようにしましょう。防犯カメラの設置場所を確かめたり、TVモニタホンの移り具合などもチェックすることが秘訣です。尚、物件の周辺を実際に歩いて、最寄り駅やバス停、商業施設の位置も把握しておきましょう。可能ならば、夜間も周辺を訪れて、街灯の明るさを確かめておけば安心することができます。