家賃や保証金など、初期費用はいくらかかるのか?

初期費用の実際の相場とは

賃貸の部屋を借りる時は、家賃だけでなく、契約時に支払う初期費用が必要になります。この初期費用の相場は、物件によって違いが出る場合もありますが、一般的に家賃の5カ月~6カ月分程度になると言えます。ですので、仮に5万円の家賃の部屋を借りる場合は、25万~30万円程度の初期費用が掛かると考えておくとよいでしょう。しかし新築物件やペットと住むことが出来る物件の場合は、一般的な初期費用の相場に家賃1カ月~2カ月分程度上乗せされた費用になることが多いと言えます。いずれにしても賃貸の初期費用は高額になりがちなので、事前に用意することが大変な場合がありますが、中には敷金や礼金がタダという物件もあるため、初期費用を軽減したい場合はそうした物件もお勧めです。

初期費用の内訳について

賃貸の初期費用にはどんなものがあるのかというと、まず挙げられるのは敷金と礼金、仲介手数料であり、それぞれ家賃1カ月分が相場です。敷金は、滞納家賃や退去時の原状回復費用に充てられる保証金のようなものであり、問題がなければ退去時に返還されます。そして礼金は大家さんへのお礼として渡すお金であり、仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社へ支払う手数料のことを指します。次に挙げられる初期費用は、前家賃と日割り家賃であり、前家賃は入居した次の月の家賃を前払いするお金で、日割り家賃は入居した月の家賃を日割り計算して支払うお金ということになります。その他にも、火災保険料が2万円程度、そして鍵交換費用が1万5000円程度掛かるのが一般的だと言えるでしょう。また、連帯保証人の代わりとして保証会社を利用する場合は、その費用が家賃の半分程度掛かります。