周辺環境で注意すべきポイントとは?

混雑状況をチェックしよう

賃貸の周辺環境のチェックポイントとして、交通事情の確認が一つに挙げられます。場所によっては朝になると車が多くて混雑することがあったり、なかなか開かない踏み切りで長く待たされたりすることがあります。ただでさえ混雑する中、天気が悪い日などですと余計に混んでしまい、朝の過ごし方に余裕が持ちにくくなることもあるでしょう。そのような不便がないかを知るには、実際の時間帯に状況を確認してみることが大切。物件の内覧は日中に行うことも多いと思われますが、昼間ですと車や電車の往来も落ち着き、正確な状況を知ることはできません。街の表情は時間帯によって違ってきますので、面倒でも朝の通勤通学時の状況を確認しておきましょう。

騒音を発生させるものがないか

できれば静かに暮らしたいという人が多いかと思われますが、物件によってはそうさせてくれないこともあります。道路が近いところですと車の往来がうるさく感じたり、踏切のカンカン音や電車の音が耳触りになったりすることもあるでしょう。うるさい時は窓を閉めれば良いのですが、一重の窓ですとあまり音を防ぐことができません。また、暑い夏場に窓を開けたいと思っても、音が気になり躊躇してしまうことも考えられます。うるさくても住んでいるうちに慣れるというケースもあるものの、音が苦手に感じる人はよく周辺を確認してみた方が良いでしょう。もしも騒音の発生原因になりそうな要素がある場合は、本当にそこで暮らしていけそうなのか、よく考えてみることが大切です。